2017年12月10日日曜日

第196回 赤い帽子を応援する

井戸端2回目の城戸です。今回はお気に入りの雑誌をご紹介します。

この数年、出張などで都会に行った時に毎回探し回る雑誌があります。
表紙はこんな感じです。
(ガラケーでの撮影なので写りがいまいちでスミマセン。以下同様)

 

ビッグイシュー日本版(THE BIGISSUE JAPAN)と書いてあります。

大きいissue(=刊行物)とは決して言えない、30ページ程の薄い雑誌で、
毎月1日と15日の二回発売されています。
お値段は350円とかなり割高に思えるかもしれませんが、理由は後ほど。


この雑誌の特徴は書店やコンビニで手に入らないことです。
通販やアマゾンでも扱っていません(関連の書籍はありますが)。
特定の「販売員」から直接購入するしかない仕組みになっています。

なぜかというと、この雑誌はホームレスの人々に収入を得る機会を提供する
ための事業として作られているからです。手元の資料によりますと、

・1991年にロンドンで始まり2003年9月に日本版が創刊(今年14周年)。
・身分証明書を身につけた販売員が、決められた行動規範を守って販売する。
・販売員は一冊170円で仕入れ(最初の10冊は無料提供)、350円で販売することで180円の収入を得ることができる。

となっています。
公開されている行動規範にはプロの販売員としての心得がきっちり書かれていて、違反者を見た場合には事業者に連絡できるようにもなっています。
ビッグイシューという大きな名前を背負って販売されている、という事のようです。


でもまだ近寄りがたい感じはありますよね。
それでは販売している様子を見てみましょう。
(2017年9月15日号の記事から抜粋)
 

基本的に路上が売り場です。

指定されている場所は駅前や大型店の近くなど、
人通りがとても多い場所です。
暗かったり、狭かったりする場所は当然ありません。

制服というほどの厳格なものは無さそうですが、
基本的なスタイルはこんな感じです。
 

呼び込みなどはなく雑誌を掲げてただ立っている、あるいはそれもなく
行き交う人混みのなかで佇(たたず)んでいるだけなので、
(通行の妨げになることはありませんが)
知らない人にとっては、何をしているのかよくわからないと思います。
あるいは見かけたとしてみ、気にも止まらないかも知れません。


中身の記事は国内、国外を問わず幅広い分野のBIGなISSUE
(issue=論点、争点、問題)を扱った内容になっています。
通常の商業雑誌では扱わ(え)ないような、
どちらかと言うと歯ごたえのあるテーマが多かもしれません。
一方で、よくある映画や書籍の紹介、人物へのインタビューの他、
販売員さん(ホームレスの方)への人生相談という人気コーナーもあります。

あらかじめ欲しい記事がわかっている場合はこんな感じで
ストックからバックナンバーを出してくれます。
 


実際のエピソードを披露しますと、

●東京【JR山手線沿線】[目白駅]駅前
夏のアスファルトの上、日陰もない駅前の広場。
こちらの心配をよそに販売員さんから「暑いので気をつけてね」
の言葉とともに熱中症対策だよ、と塩飴をいただいた事がありました。

●大阪【豊中】千里中央駅 北急&モノレール連絡口
大阪市内の学会会場から足を伸ばして太陽の塔を見に行った帰り、
モノレールから地下鉄へ乗り換えるところでお会いした後、
次の改札口がよくわからなくて困っていたら、行き方を教えてくれました。

いつもこの様にうまく買えることばかりではありません。
愛知【名古屋駅周辺】【栄周辺】や
熊本【熊本市】びぷれす熊日会館前 の時などは、
周囲を探しているうちに時間切れになり、
見つけることができなかったこともありました。

また、広島 八丁堀交差点 福屋まえでは、
4.5年前に一度買ったことのある販売員さんがその後お休みされ、
現在も休止中ということもあります。

こんな所でお分かりいただけたでしょうか。

毎年この時期(12月の前半)には出身医局の同門会というのがあって
岡山市に招集がかかる日があります。
この機会を利用して岡山の販売員さんを訪ねるのを楽しみにしています。
よく近所の方と談笑されておられるいい雰囲気の方で、
商品を一冊ずつ保護フィルムに包む心遣いもされています。
岡山駅からやや遠いのがネックですが、
中四国地方の売り場はココだけのようです。
お出かけの際はぜひ探してみて下さい。
→ 岡山【岡山市】表町商店街アリスの広場周辺

最新号から買うのもよし、表紙の写真で選ぶもよし。
なんてったって、赤い帽子をかぶって頑張っている人たちがいるとなれば
応援したくなりますよ、ね?

ではまた。
内科 城戸

2017年11月30日木曜日

第195回 どうしちゃったの?

もう11月ですねぇ、えーつと!カープ見事に2連覇しましたね。
甲子園の胴上げもよかったですね。来年は3連覇に期待です。
えっ?カープCSで負けた?
なんですか?シー・エ・スって?クラ、クラ、クライマックス?
レギュラーシーズン終了から記憶がないんです(笑)
そんな岩本選手の三振とか、石原選手のバント失敗なんて見てませんから!
部下の岩本に「あの球打つべきじゃない」ってメール送ったりしてませんから!
「もっと平常心で」「練習しような」とか言ってませんからね
あーあ、このザワザワした感じなんとかなりませんかねぇ~
こんな写真見せられたらまた応援しちゃいます
来年、来年、 「ん」
放射線室長 丸田

2017年11月20日月曜日

第194回 これと言って・・・

前回投稿した時は、運動をしていたり、嵐ファン(相葉ファン)の話をしたりしました。が、これと言って変わったこともなく・・・

もちろん嵐ファンは健在でライブには行けなくても、DVDで楽しんでいます。
体力の衰えと、腰痛のためフットサルに行くことは無くなりました。ただ、来年は待ちにまったワールドカップイヤー!我が家では熱くなること間違いなし。日本はそれなりに応援しますが、やっぱり海外のスーパープレイは見逃せません。

そろそろ身体を動かさないと、食欲ばかりが増す一方で、着る物に困っています。「娘からはそのままだったら卒業式には来ないで!見苦しい」と言われ・・・見返そうにもなかなか(笑)

まあ、これと言ってたいしたことはありませんが、家族みんな笑顔で楽しく過ごせている事に感謝と幸せを感じながら「今日も一日(仕事)頑張ろう」と思う毎日です。
看護部 森川

2017年11月10日金曜日

第193回 ボルダリング

休日は、家族サービスの一環で時々公園に遊びに行くのだが、先日の休日は大雨のため、家で時間を持て余していた。すると妻がおもむろに、6歳の長女とデートでもしてくればともちかけてきた。室内の娯楽といえば映画、ちょうどミニオンズをやっていたので子供にはいいかな、と思いながらパパにはちょっと退屈かと思い、公園で娘が壁のぼりを楽しそうに登っているのを思い出し、ボルダリングを提案してみた。するとなんとミニオンズよりボルダリングがしたいと喰いついてくれ、体験してきました。

まず検索したところ、福山では3つのジム(オレンジ、SORA、KOKOPELLi)が見つかり、初心者大歓迎のジムを選びました。ボルダリングはホールドとよばれる突起物をつかみながら登るのですが、同じ色のホールドに従って登ります。同じ壁でもそのルート設定で難易度が異なり、初級から上級まで分かれています。8級から始めましたが、今の体力では6級が限界でした。娘も8級は難なくクリア、7級は身長の関係もあり途中でリタイアでしたが、ゴールしたときの達成感には大喜びで、またしたいと大満足していました。

ボルダリングをしてみて思ったのですが、不安定な場所で疲れないように落ちないようにしようとするので、すごく体のバランスが良くなったようでした。やや五十肩気味だった肩関節も強制的に伸展され、可動域が広がり、やや猫背気味だった背中も従来の曲線を取り戻したような気がします。最近は年に1回はぎっくり腰になり、どんな姿勢がいいのかわからなくなっていましたが、なんとなくわかったような気がしました。ちなみに腰と背中の位置関係は、ラジオ体操第二の10.体を倒す運動の状態(背筋が伸びてお尻がちょっと下がり、膝と股関節が曲がった状態)がいいように思いました。

体のバランスを整えるためと適度な運動のために、初級のボルダリングを試してみてはいかがでしょうか。
外科 花畑

2017年10月31日火曜日

第192回 ~地域包括ケアとは~

2017年8月に地域包括ケア病棟運営に関する病院見学(石川県小松市)、10月には地域包括ケア実践研究会(三重県四日市市)への出張を拝命して行って来た。以下は2つの出張から学んだことの抜粋である。充分とはいえず、かつ不適切な表現もあるが、どうか一読くだされば幸いです。

(1)人口が横ばいで75歳以上が急増する大都市部、75歳以上人口の増加は緩やかだが人口は減少する町村部等、高齢化の進展状況には大きな地域格差が生じている。が、いずれも団塊の世代が75歳以上となる2025年を目途に、重度な要介助状態になっても住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最後まで続けられることが望まれている。加えて老老介護・認認介護・8050問題・生活困窮者・待機児童・子育てなどの課題を抱えながらも、多くの人たちは地域で暮らしたいと思っている。

(2)こういった人たちを支えてゆくシステムとして、『丸ごと・我が事』の地域共生社会を基本コンセプトにした、地域包括ケアの実践が重要になる。住まい・医療・介護・予防・生活支援(ゴミ出し,掃除,買い物,調理,受診の付き添い,通院介助,移動支援,日常生活の手伝い,安否確認,趣味活動など)が一体的に提供できるシステムであり、地域の自主性や主体性に基づき、地域の特性に応じて作り上げてゆくことが大事。

(3)高齢者・障害者・子ども・現役世代、誰もが支援が必要になる可能性がある。地域は一つであるため、縦割りにせず横断的に『丸ごと・我が事』として受け止める。
そして、人口減少に備えて、支え合いの仕組み、つまり地域共生社会を目指す必要がある。

(4)医療の現場に求められる在宅ケアの基本条件は、
*不安なときは、いつでも相談できて、必要なとき必要なだけ医療を提供できる医師
がいてくれること。
*いつでも・必要なとき・必要な期間、入院できるベッドがあること。
*入院期間が長くなり、心身機能および生活の基盤が分断されないこと。その為に、なるべく早く退院できるよう関係各位との調整を早く展開すること。

(5)専門職がつくるパターナリズムへの疑問を常に持ち、自分の価値観・倫理観・生活観・死生観etcを押し付けないで、その人の生活の流儀を尊重しつつ介入してゆくこと。個別制度では十分に機能しない複合課題を抱えた人や家族等に対し、自分に出来ないことは地域のネットワークを通じて、出来る人(家族・友人・ご近所・老人会・民生児童委員・学校・後見人・弁護士・社協・宅配レンタル業者・ヘルパー・ケアマネ・介護事業所・福祉事務所・地域包括支援センターなどなど)に継げてゆくこと。そして、その人の役割づくりとともに社会的孤立を防ぐ仕組みが望まれる。

(6)自立の意味
 *私たちは様々なものに依存できていて、依存度が浅いからこそ、『自立』している
と勘違いしている。今の世の中は、ほとんどのものが一般人向けにデザインされて
いて、便利さが普通になっているが故に依存していることを忘れていて何も依存し
ていないという錯覚を起こしている。
 *高齢者は限られたものにしか依存できないので『自立』が難しいと思っているが、
依存できるものを増やして何にも依存していないと感じられる状態を作り出せば、『自立』という自覚になってゆくのではないか。


 少子高齢社会が急速に進行している現代は多種多様な課題があり、色んな制度やサービスが時代に合わなくなっている。既存の枠組みのなかで解決しにくい課題は、縦割りではなく横断的な繋がりが必要であることを痛感した。さらに無いものは地域ごとに創らねばならない時代のようである。地域包括ケアの深化および推進が始まる。

リハビリ室長 木村(理学療法士)

2017年10月20日金曜日

第191回 私のストレス発散!!

12年ほど前からテニスをしています。
B&G(ババー&ジジー)というクラブに所属して、2~3回/月のペースで楽しんでます。でもなかなかボレーが上達しないので、半年前からスクールに通ってます。

1回/週・80分のスクールで、みっちりハードに走り回ってます。最初はゼーゼー・ハーハーいってましたが今は楽勝です。(強がり。。。)
お陰で、苦手なボレーもメキメキと(?)上達しました。今はテニスをするのがとても楽しくて♪♪


11月にはミックスダブルスの試合に出る予定にしています。1勝でも出来ればなと思っています。
いいストレス発散にもなります。テニスって楽しいですよ。
興味がある人、一緒にしませんか。
看護主任 金子(東2階)

2017年10月10日火曜日

第190回 尾道 原田温泉 ゆうじんの湯

今回は、尾道市原田町梶山田にある、原田温泉 ゆうじんの湯を紹介します。
温泉好きの人の中では、皮膚炎によく効くとのことで知られているそうで、「秘湯」とも言える名湯だと思います。

私がここに通い始めたのは、今年の5月連休以降ですが、その後、ほぼ毎週1回のペースで利用しています。

通い始めた理由は、ジョイトピアおおさのスタッフから「アトピーや皮膚炎に温泉がよく効き、自分も子供を連れて、月1回程度通っている」と教えてもらったからです。

私の皮膚炎も、2010年秋に自己感作性皮膚炎と診断されて以降、緩解・増悪を繰り返していました。最近では、掌が絆創膏だらけになるという状態になることもあり、皮膚科にも通いながら治療していました。

現在、週1回の湯治と、毎日入浴時には「ゆうじんの水」を10ℓ足して入浴、また飲料水にも利用しています。

効果のほどについては、少しずつ効いているという実感があります。数回の入浴で、頭皮、顔面からの落屑はほぼ治まり、また顔面の紅皮様の皮膚炎も軽快しました。
重症の手掌や下肢の皮膚炎は、軽快と停滞を繰り返しながら、全体の流れとしては、少しずつ改善しているような印象です。症状の変化に応じて、ストロイド軟膏、保湿剤等も併用しながら、経過を見ているところです。

原田温泉は、:鉱質 単純放射能泉、 :効能 アトピー、水虫などの皮膚病、術後の回復など :かけながし湯 という特長を持っています。 ラジウムの含有量は、三朝温泉を抜いて全国2番目だそうです。

浴槽は男女とも、内湯と露天風呂、水風呂が一つずつあります。内湯は10名程度、露天風呂は6~7名程度で一杯となります。また皮膚炎が強い人には、専用の浴槽が用意されています。

1回、大人600円、小人300円。 持ち帰りの水は 20ℓタンク1個 100円です。駐車場は25台分位あります。

ほとんどアメニティーはありませんが、湯治用に、ごろりと寝転がれる座敷もあり、「静けさを楽しめる」温泉です。
インターネットで、検索し、情報を集めた上で、是非一度、利用してみてください。
内科 藤原