2017年4月10日月曜日

第173回 「鞍上人なく、鞍下馬なし」

あれやこれやで遂に六巡目ですね。
振り返ってみれば、平成24年の春に、僕がトップバッターを務めて始まったこの企画も六年目に入りました。

今回は、「くるま」のお話し。

ウチは、父親が車好きだったこともあって、小さいときから、家の中に車雑誌が散乱していました。といっても今のようにたくさんの雑誌が出ていたわけではなく(なにせ1950—60年代!)、 motor fanなどの老舗雑誌が数誌出版されていただけの状態でしたが、カラーグラビアで見るヨーロッパの美しい車達に魅了されて、小学生になる前からそれらのスポーツカー達の写真はぼろぼろになるまで見ていた記憶があります。大学生になって(ようやく公式に)車の免許を取って、最初の車が、父の払い下げ車である、日産のブルーバード510SSSという「名車」でした。世界のラリーで活躍した車のベースで、日本中いろいろなところを走り回り、10万Kmのトリップメーターが“0”になったことを覚えています。

といっても、こんな昔話をするのが今日の主題ではなく、車のトランスミッションのお話し。

今の日本は世界で最もオートマチック車(以下AT車)が普及している国で、2010年の統計によると、なんと普通車の98.3%がAT車です!1985年にはまだ、50%以下の比率でしたが、急速にAT車の比率がアップしたようです。まあ、これには日本の交通事情も大きく影響しており、万年渋滞の大都会のドライバーにとっては、ATは必需品でしょう。一方ヨーロッパの各国を見ると、まだまだマニュアルシフト車(以下MT車)が幅をきかせており、AT車の比率は、(2010年)ドイツ23%、イギリス20%、イタリア14%、フランスに至っては、たったの9%と言う状況です。アメリカはどうかというと予想通り90%と高いですが、それでも日本には及ばないのですね!

僕は免許を取って以来、一貫してMT車に乗っています。だからと言うわけではないですが、ここからMT車礼賛の辞を。MTの動作というのは、左足でクラッチを切り、アクセルをゆるめ(シフトダウンの時はアクセルを少しふかし)手でシフトの操作をして、アクセルを右足で踏みつつ、左足のクラッチをつなぐ、という、実に複雑な動作を要します。すこんとレバーをドライブモードに入れたら、あとは右足のアクセル(とブレーキ)操作のみ、というATと比べると格段に複雑なことを、ギヤを入れ替える時に毎回するわけです。しかもスタート時は微妙な半クラッチ操作で右足と左足のコンビネーションを要求されます。「めんどうなばっかり」というなかれ。この複雑な手足のco-ordinationが、実に脳を刺激して良いのです。ぼけ防止にもきっと良いはず(全く根拠はなし)。しかもこのような複雑なことをしていると、「脳が覚醒している」状態が保たれます。最近の車は「リラックスして運転できる」ことばかり追求していますが、車の運転時はリラックスなんかしてはいけません!大きな鉄の塊を高速で動かすのですから、常に他人も自分も命を失う可能性があることを意識してないとだめです。というわけで、運転時は脳が「起きている」状態を保ちましょう!そのためにも是非、MT車を運転してください。AT限定免許の人は、練習して限定解除しましょう(笑)!

なんて、いろいろ屁理屈をこねましたが、実はMT車の「機械を自在に操る」感覚が最も快いからボクはマニュアルシフトを捨てられないのだと思います。シフト時の微妙な回転数の変化をぴたりとコントロール出来たときの喜びを感じつつ、今日も愛車「通勤1号」を駆って走ります。

「鞍上人なく、鞍下馬なし」の境地(馬は飼えないのでくるまで代用)を味わいつつ、あなたも走ってみませんか?

病院長 武田(内科)

2017年3月10日金曜日

第171回 「私の医師人生」

医師になってから約40年になった。

最初の11年は、長野県の諏訪中央病院を除き、東京の都立墨東病院、東京大学医学部附属病院、日赤医療センター、都立豊島病院という大きな病院勤務であった。いずれも、その後の勤務とは異なり、研修であった。半年の都立墨東病院勤務のあと、東京大学医学部附属病院に回った。

最初のOben(指導医)は、寺岡理事長先生と同期の永宗先生であった。
ある時、夜中まで続いた手術が終わると、意識のない患者さんが入院していた。家族ももう帰られたあと、当然明朝のカンファランスにプレゼンしなければならない。次の日の夜中に、その患者さんの呼吸が止まりそうになった。水頭症があることだけはわかっていたが、手術場に運んでいる暇はなく、その場でピンク針を用い頭蓋骨に穴を開け、ベニューラ針を脳室に挿入し、ことなきを得た。
永宗先生には事後に報告をした。こんなことが、うちのグループに続き、永宗先生も疲れていたようであった。永宗先生との午後回診の時、

「電解質は?」

と聞かれ、

「まだ見ていません。」

と答えると、

「ここは市中病院とは違うんだよ!!」

と怒られ、しばらくは口もきいてくれず、手術も見ているだけであった。
当然最低の評価と思っていたが、2年くらいしてであろうか、他の先生から

「永宗先生が、渡辺は優秀だったよ。」

と言われていたと聞いて、多少安堵した。

東京大学医学部附属病院で3年間研究をしてから、当時の高倉公朋教授の推薦で、鳥取大学に転勤した。
講師という話であったが、助教授の先生が東京へ帰られ、助教授にしていただいた。
私の下には、専門医はいない状態で、ほとんどすべての手術に入っていた。
夜は、当時はまだ使用できた犬を用いたくも膜下出血後の脳血管攣縮の成因に関する研究をしていた。犬の実験では、毎年講義した学生さん等が手伝ってくれ、その学生さんたちは、脳神経外科の教室に入局してくれた。もちろん、学生さんの講義、クリクラ(クリニカル・クラークシップの略:参加型臨床実習)の学生さんの指導もしなければならなかった。当然、医師の指導、臨床の方が主たる仕事であったが。そのころの学生さんたちは、夜中まで教室でレポートを書き、その内容も良くできていた。1999年に教授になってからも、その傾向は続いた。
しかし、ゆとり世代の学生さんが入ってきて、さらに新たな研修医制度が導入されると、その流れは一変した。5時になると手術中でも帰ってしまう、レポートを書かせても小学生程度、試験でも以前は60点を取れない学生さんは50%くらいであったが、同じ程度の試験でありながら、60点以上を とる学生さんは0%。あらゆる面で先が思いやられる状況である。その学生さんたちが医師になっても、「腫瘍の位置を間違わないように開頭しなさい。」と言っても、腫瘍は開頭範囲になく、5cm以上はなれたところにあったり、私の言うことが守れない医師がいたり、あまりにもおろかで幼い医師が育ってしまった。このような医師に言うべき言葉はなく、矯正のしようがない。あと10年もたつと、このような医師が、医療の中心になり、日本の医療レベルはかならず低下する。

寺岡記念病院に赴任し、串原先生のようによく勉強し、よく働く医師が居て少し安心した。自分の生活を考えずに、患者さん、医療、病院に奉仕する。

「脳外科は、救急車を断らないことにします。」も彼が居なくてはできないことであった。このような医師は育ててあげようと思うし、問題があれば指摘するし、手術も指導してあげようと考えている。

医師の善意により保たれていた今までの日本の医療も転換期にきている。ただし、この転換期は医療だけの問題ではなく、日本社会全体の問題でもある。厚労省は自らが犯した医療行政改悪を顧みず、文科省とともに医師の数を増やす方向に舵をきり、結果としてできの悪い医師を増やしている。このことは、医師だけに限らず、看護師、リハスタッフ、技師、事務職員などすべての業種でも同じはずである。日本全体をみても、群馬大学のある術者の手術死亡が突出していても大学は野放し状態、東京女子医大のプロポフォール不正使用による多数の死亡例、信じられないことが起きていても、チェック機能が効かない体制となっている。

今後の医療ひいては日本の社会全体は、憂うる状態である。何らかのbreak throughが必要であろうし、期待したい。

せめて、この寺岡記念病院に身を置くものにとって、地域の人たちから信頼され、

「寺岡記念病院はいい病院だ。」

と、言われるよう努力しよう。 

脳神経疾患治療センター長 渡辺 

2017年3月7日火曜日

第170回「旅行」

僕の趣味は旅行です。

この趣味、結構お金かかります。節約してお金を貯め、旅行で散財します。国内外問わず、いろんな所に行きました。いろんな思い出ありますが、特に印象深かったものをご紹介します。


タイでの出来事
現地で仲良くなった方の誕生日パーティに誘われ、即興で唄を歌わされました。頭に浮かんだものはSMAPの「世界に一つだけの花」、それをアカペラで振り付きで歌いました。旅の恥はかき捨てですね。


ケニアでの出来事
マサイ・マラでマサイ族の方とお話し、槍の投げ方など教わりました。でも、彼ら意外とデジタルなんです。ポケットの中から携帯電話を取り出された時は、目が点になってしまいました。


東日本大震災後の東北
2011年の東日本大震災後、何度か東北を訪れました。興味深かったのは、訪れる町によって復興度合いが違うことです。ある町ではどんどん新しい道路や家が出来上がっているのですが、他の町では瓦礫の山が至る所に残っています。なぜこんな差ができるのでしょうか???


僕の夢は世界制覇!!は無理でしょうけど、全国制覇!!はしたいですね。

九州・沖縄・四国・東北地方はすべて旅行しました。近畿地方も残るは滋賀県のみ。まだまだ先は長いですが、夢に向かってゆっくり楽しみたいです。

放射線室 岩本


2017年2月10日金曜日

第169回 「つもり違い12ヶ条」

年が明けて1月もすでに後半に入りましたが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

泌尿器科の志田原です。

年末年始は相変わらず寝正月で過ごしておりました。みかんを食べながらテレビを見たり、本を読んだりのお休みでした。

テレビは年末から「北の国から」をやってるんですね。私が学生の頃、30数年前にリアルタイムで見てましたが、その後も何度か再放送されてるのも見てまして、ストーリーはしっかり把握してるんですが、何度見てもこの番組は眼がウルウルしてしまいます。涙腺緩いんでしょうか。

本を読んでいるとその内容に感心したり、クスッと笑ってしまうことがありますが、メモをしないとたいてい翌日にはその内容を忘れてしまってます。だけど、この年末ある人の書いたエッセイを読んでたら「つもり違い12ケ条」ってのがありまして、これはメモしておきました。どこかの居酒屋のトイレに張り出してあったんだそうです。あるお寺のお坊さんの言ったことだとか。感心したので下に書き出します。




高いつもりで低いのが教養

低いつもりで高いのが気位

深いつもりで浅いのが知恵

浅いつもりで深いのが欲望

厚いつもりで薄いのが友情

薄いつもりで厚いのが面皮

強いつもりで弱いのが根性

弱いつもりで強いのが自我

多いつもりで少ないのが分別

少ないつもりで多いのが無駄

長いつもりで短いのが青春

短いつもりで長いのが老後


どうでしょうか。

うまく言うもんだな~と思いつつ過ごしたこの年末年始でした。

泌尿器科部長 志田原

2017年1月31日火曜日

第168回 「スキューバダイビング」

こんにちは。リハビリ言語聴覚士の平岡です。

今回は私の趣味についてお話しさせていただきます。

私の趣味はスキューバダイビングです!
水中での浮遊感、たくさんの魚に囲まれたときの高揚感、完全にはまってしまっています。毎年リフレッシュ休暇を利用していろんな場所へ行ってきました。そこで、今まで訪れた場所をいくつか写真で紹介したいと思います。


ひとつめは・・・小笠原諸島。
2011年に世界自然遺産に認定された小笠原諸島。東京から25時間、船にゆられてやっと到着です。『豊かで独特の自然』が認定の理由だそうです。


独特といえば、この『ヒロベソカタマイマイ』。ただのカタツムリの抜け殻のようですが、実は1000年以上前に絶滅した貝殻の半化石で、世界自然遺産認定の大きな要因になったそうです。



海の中はこんな感じ♡



素晴らしい自然に感動した旅行者が最後に感動するのが、小笠原名物の「お見送り」。島中のボートが大きなフェリーに並走してお見送りをしてくれます。



もうひとつは・・・ジープ島。
ミクロネシアにある、とてもち~~~~さな島です。島の周囲はなんと100メートルほど。水道なし、ガスなし、電気は自家発電という場所で4日間を過ごしました。もちろん携帯電話の電波はなく、島にいる間は時計をみることもせず、太陽の位置とお腹の減りぐあいで時間の経過を感じます。


海の中から雲が見えちゃうこの透明度♡


はまってしまう理由が少しでも分かっていただけたら幸いです!!

リハビリ室 平岡(言語聴覚士)

2017年1月20日金曜日

第167回 「日光、箱根、鎌倉のゆとりの泊日の旅行ツアー」

一年に一回、夫婦一緒の旅行が恒例となっています。

昨年は、11月下旬、紅葉や雄大な富士山を眺めを楽しむ為に、下記の旅行ツアーに参加しました。



「ミシュラン2つ星をめぐる温泉街散策コース」


修善寺温泉街、修禅寺、竹林の小径、指月殿、ミシュランで2つ星の評価のある散策。

修善寺温泉は、今から約1200年前に弘法大師が発見した温泉と言われて、湯どころ伊豆の名門で、いい湯でした。鎌倉時代には、源氏興亡の哀史を秘めた舞台となる歴史があり、自然があり又多くの文化人、墨客の足跡がある観光地でありました。

だるま山高原からの富士山
駿河湾を前景に左に南アルプス、右に箱根連山を従えた大パノラマ。まさに「日本一の展望地」といえる、このパノラマ風景も実際は天候不良の為、写真だけに終わってしまいました。芦ノ湖は遊覧船に乗り、20分間の観覧を楽しむことができました。

箱根西麓、三島大吊橋、三島スカイウォーク
日本で最も深く、美しい、駿河湾。

日本最長の歩行者専用大吊橋からの世界遺産の富士山
歩行者専用として、日本最長の吊橋「三島スカイウォーク」箱根西麓の山間から季節ごとに表情を変える鮮やかな日本一の風景ですが濃霧の為、眺めることができませんでした。

あと何回夫婦揃って、旅行できるかわかりませんが、健康年齢を延ばしながら、2人協力しながら、健康に留意し、美味しいものが美味しいと感じる、美しいものが美しいと思える様、心身共に、元気で頑張りたいと思います。



看護主任 明野(外来)

2017年1月9日月曜日

「カープ優勝!」

やりましたね!おめでとうございます!!そしてありがとうございます!!!

日の浅いファンがこれだけ喜ばしていただいているのですから,何十年来のファンのかたがたの喜びはどれだけ大きなものであったことでしょう。

球団創設から初優勝まで25年、6度のリーグ優勝と3度の日本一を成し遂げた黄金期を経て、25年ぶり7度目のリーグ優勝,ならば第2次黄金期再来と言いたくなります。あれほどのものでなくとも,シーズンを通じて優勝争いができるチームを維持できることを期待したいところです。

プロ野球再編の流れを受けた球団維持の危機から転じて,マツダZOOMZOOMスタジアム建設を契機に,上昇気流に乗ったように思われます。選手の頑張りが何よりですが,監督・コーチ・球団スタッフの支え,そしてカープファン。大きく膨らんだファン人口のお蔭でいつも球場は満員,グッズも売れに売れて,活躍した選手の給料も上がって(よその球団ほど跳ね上がらないのがカープらしいけど),良いことずくめですね。たた残念なのはあまりに人気が高まってチケットを手に入れにくくなってきていることです。

昨夏,何も予定せずに休みを頂いていた土曜日に,ふとチケットがとれたのでナゴヤドームの広島-中日戦をひとりで日帰りで見に行きました。初めてだしアウェイだし心配でしたが,福山駅から赤いひとが数名いて,名古屋駅-地下鉄-球場と近づくにつれて赤い数が増えて,ドームに入ると3塁側スタンドは内野から外野まですでに真っ赤に埋まっていました。右上の席には名古屋弁丸出しの赤い家族連れが元気よく応援していました。隣の席の可愛いお嬢さんは,お一人で望遠のカメラで黒田やスライリーを撮っていて,岩手出身仙台在住,3泊4日で3連戦観戦という猛者でした。広島から駆けつける人がいる一方で,地元の広島とは限らず全国津々浦々にカープファンがいて,それぞれが応援をしているのだなと心が熱くなりました。お嬢さんに,マツダスタジアムはとても素敵な球場で小生は大好きで,チケットはゲットしにくいだろうけど一度は見に来てください,と宣伝して,持っていたもみじまんじゅう5個パックをお土産に差し上げて,そそくさと球場をあとにしました。ちなみに延長10回2アウトから石原のラッキー内野安打から新井の満塁本塁打を含めて7点入れて勝った試合で,帰りの新幹線に遅れやしないかとヒヤヒヤでした。

新井を控えに置いといていいくらい,松山が頼りになる中心打者にのしあがること,福井くんがキレッキレの球でふてぶてしい雄姿を見せること,そして今度こそ菊池君がMVPをとること,などを期待して新たなシーズンを迎えたいと思っています。お断りしておきますが,すべて,多忙な病院業務を完遂したうえでの余暇の範囲であり,仕事をないがしろにすることは一切ありませんのでご心配なく。