2018年1月30日火曜日

第200回 初詣

2018年戌年スタートしましたね☆

初詣に行かれた方、たくさんいらっしゃると思います。
私が毎年参る岡山県の初詣スポットとして1番人気「最上稲荷」に行ってきたので、
おしゃべりしたいと思います。

今まで下調べなどしたことがありませんでしたが、調べるとこんなことがわかりました。
正式名称は「最上稲荷山妙教寺」で実はお寺だということをはじめて知りました。
(鳥居があるので神社だと思っていた...)

まず、その大きな鳥居(大鳥居)がお出迎えしてくれますね。
最上稲荷のシンボルのひとつ大鳥居 昭和47年(1972)に建立され、高さ27.5m、
柱直径4.6m、総重量2800tの規模を誇る。平成26年(2014)に改修工事が行われ、
ベンガラ色に塗りかえられたそうです。

 大きい~

駐車場に車を停めて、本殿までゆるやかな坂道を上っていきます。歩くこと10分。
本殿が見えてきました。階段を上がり到着。人がたくさん!!


参拝方法も調べました。
二礼二拍手ではなく合掌して
「南無妙法蓮華経」とお唱えするのが
正式な作法とされているそうです。
そのように唱えました。










続いて「おみくじ」を引く。

「凶!!!!!!!!!!」
 あーーーーーーっ( ̄□ ̄;)!!今年も・・・
ここのおみくじは「大吉」「吉」「半吉」「凶」「半凶」「大凶」とあり、吉と凶が50%の確率ででるらしい。一安心。
しかも上の掲示に書いてある!「凶」がでたとしても今から上に登っていくのだ!!という前向きな気持ちを持ったほうがよいと・・・
よし。気合いをいれ、おみくじをこれでもか・・・と高い所に結ぶ。










その後、この坂道から続く「七十七末社」
旧本殿を取りまくように最上さまに仕える様々な諸天王が祀られている。
一つ一つのお社に線香をあげる。









終了~


帰りは、ずっと並んで続く屋台を見ながら帰る。

ここで馴染みのある「ご縁まんじゅう」を購入。
















こうして、お決まりのコースを毎年無事に参拝できることに感謝です☆
無事に1年過ごせますように・・・

地域医療福祉支援センター 藤井

2018年1月20日土曜日

第199回 唯一持続したもの

私は今よりちょっとだけ、まだ若かった頃に よさこい鳴子踊り を職場の同僚と楽しんだ時期がありました。
よさこい踊りってかなりハードな動きで、練習を少しでも休んだものなら全くついていけないけど、福山のばら祭りや、本場高知でおどることができました。
真夏の高知は暑く、化粧の上から何度も日焼け止めを塗って真っ白な顔になりました。
力を入れすぎて踊ったせいで、衣装の帯がほどけ、見物客から「おい!帯、帯」と声をかけられたのを「凄い声援!何か今日はモテて困るぅ~」と勘違いしてしまいました。
身に着けているものは原則拾ってはいけないので、淫らな格好で踊ったという楽しくも、恥ずかしい思い出です。
メンバーは3歳の子供から70歳を超えていると思われる方まで。
みんななんであんなに覚えがいいのかなぁ・・・

今はあの時ほど打ち込めるものがないな~と思う今日この頃。
秀でた才能が欲しい!!
例えば、料理の才能、和太鼓を叩いてみたい、などなど思うことはあっても、結構三日坊主なのです。
皆さんは何か打ち込んでいるものがありますか?
老後?の趣味になるものを教えてください。
看護部 山下

2017年12月30日土曜日

第198回 アラフィフのひとり言

50歳になった。
あまり実感がないまま、とうとう大台。
映画が半額で鑑賞できるようになった。得なのか?

同年代でご飯に行くと、目が見えないはなし(老眼)、健康のはなし、こどものはなし・・・
誰も仕事の話や浮いた話が出てこない。
その年代で話す内容には特徴があるのが面白い。
10年後はどんなはなしをしてるのか?

誰かが言った。
「Lineのメンバーに招待して!」
早速、即席スマホ教室。
「え~どうやるん。私も教えて。」
みなさんスマホ遠~ぃですよ。
薬剤科 岡田

2017年12月20日水曜日

第197回 孫と心つなぐ1年間

私には3人の孫がいます。
その孫達と過ごした1年間を振り返ってみました。
長かったようで過ぎてみればあっという間の1年間でした。

~春~
4月 長女の2才の誕生日会をしました。笑顔がすてきな優しい子に育ってね。
4月下旬から5月上旬にかけて孫と竹の子掘り。「あったよ~。竹の子ちっちゃいね~。」と言いながら上手にスコップを使って竹の子を掘っていました。

~夏~
7月7日 七夕。みんなで短冊にお願いごとを書いて笹の葉に飾りました。
願い事が叶いますように。







8月 花火をしました。持ちたいけど怖くてなかなか花火が持てない孫たち。
「あつい、綺麗じゃなぁ~まだしたい」と声が響いていました。





~秋~
9月 長男の4才の誕生日会をしました。
妹、弟と仲良く遊んでね。友達とたくさん遊んでね。








~冬~
12月 クリスマス サンタクロース待ち遠しいね。
2月 次男は1才になります。
ハイハイができるようになって「上手、上手」とほめると、拍手をして笑って喜んでいます。友達とたくさん遊んで笑顔で健やかに育ってもらいたいです。
毎日、孫から色々な事を学んだり、笑ったり、元気を貰ったりする日々が過ぎています。
これからも、元気を貰い、孫と共に成長していきたいです。
たくさんの思い出をありがとう。これからもばあばをよろしくね☆
看護部 中畠

2017年12月10日日曜日

第196回 赤い帽子を応援する

井戸端2回目の城戸です。今回はお気に入りの雑誌をご紹介します。

この数年、出張などで都会に行った時に毎回探し回る雑誌があります。
表紙はこんな感じです。
(ガラケーでの撮影なので写りがいまいちでスミマセン。以下同様)

 

ビッグイシュー日本版(THE BIGISSUE JAPAN)と書いてあります。

大きいissue(=刊行物)とは決して言えない、30ページ程の薄い雑誌で、
毎月1日と15日の二回発売されています。
お値段は350円とかなり割高に思えるかもしれませんが、理由は後ほど。


この雑誌の特徴は書店やコンビニで手に入らないことです。
通販やアマゾンでも扱っていません(関連の書籍はありますが)。
特定の「販売員」から直接購入するしかない仕組みになっています。

なぜかというと、この雑誌はホームレスの人々に収入を得る機会を提供する
ための事業として作られているからです。手元の資料によりますと、

・1991年にロンドンで始まり2003年9月に日本版が創刊(今年14周年)。
・身分証明書を身につけた販売員が、決められた行動規範を守って販売する。
・販売員は一冊170円で仕入れ(最初の10冊は無料提供)、350円で販売することで180円の収入を得ることができる。

となっています。
公開されている行動規範にはプロの販売員としての心得がきっちり書かれていて、違反者を見た場合には事業者に連絡できるようにもなっています。
ビッグイシューという大きな名前を背負って販売されている、という事のようです。


でもまだ近寄りがたい感じはありますよね。
それでは販売している様子を見てみましょう。
(2017年9月15日号の記事から抜粋)
 

基本的に路上が売り場です。

指定されている場所は駅前や大型店の近くなど、
人通りがとても多い場所です。
暗かったり、狭かったりする場所は当然ありません。

制服というほどの厳格なものは無さそうですが、
基本的なスタイルはこんな感じです。
 

呼び込みなどはなく雑誌を掲げてただ立っている、あるいはそれもなく
行き交う人混みのなかで佇(たたず)んでいるだけなので、
(通行の妨げになることはありませんが)
知らない人にとっては、何をしているのかよくわからないと思います。
あるいは見かけたとしてみ、気にも止まらないかも知れません。


中身の記事は国内、国外を問わず幅広い分野のBIGなISSUE
(issue=論点、争点、問題)を扱った内容になっています。
通常の商業雑誌では扱わ(え)ないような、
どちらかと言うと歯ごたえのあるテーマが多かもしれません。
一方で、よくある映画や書籍の紹介、人物へのインタビューの他、
販売員さん(ホームレスの方)への人生相談という人気コーナーもあります。

あらかじめ欲しい記事がわかっている場合はこんな感じで
ストックからバックナンバーを出してくれます。
 


実際のエピソードを披露しますと、

●東京【JR山手線沿線】[目白駅]駅前
夏のアスファルトの上、日陰もない駅前の広場。
こちらの心配をよそに販売員さんから「暑いので気をつけてね」
の言葉とともに熱中症対策だよ、と塩飴をいただいた事がありました。

●大阪【豊中】千里中央駅 北急&モノレール連絡口
大阪市内の学会会場から足を伸ばして太陽の塔を見に行った帰り、
モノレールから地下鉄へ乗り換えるところでお会いした後、
次の改札口がよくわからなくて困っていたら、行き方を教えてくれました。

いつもこの様にうまく買えることばかりではありません。
愛知【名古屋駅周辺】【栄周辺】や
熊本【熊本市】びぷれす熊日会館前 の時などは、
周囲を探しているうちに時間切れになり、
見つけることができなかったこともありました。

また、広島 八丁堀交差点 福屋まえでは、
4.5年前に一度買ったことのある販売員さんがその後お休みされ、
現在も休止中ということもあります。

こんな所でお分かりいただけたでしょうか。

毎年この時期(12月の前半)には出身医局の同門会というのがあって
岡山市に招集がかかる日があります。
この機会を利用して岡山の販売員さんを訪ねるのを楽しみにしています。
よく近所の方と談笑されておられるいい雰囲気の方で、
商品を一冊ずつ保護フィルムに包む心遣いもされています。
岡山駅からやや遠いのがネックですが、
中四国地方の売り場はココだけのようです。
お出かけの際はぜひ探してみて下さい。
→ 岡山【岡山市】表町商店街アリスの広場周辺

最新号から買うのもよし、表紙の写真で選ぶもよし。
なんてったって、赤い帽子をかぶって頑張っている人たちがいるとなれば
応援したくなりますよ、ね?

ではまた。
内科 城戸

2017年11月30日木曜日

第195回 どうしちゃったの?

もう11月ですねぇ、えーつと!カープ見事に2連覇しましたね。
甲子園の胴上げもよかったですね。来年は3連覇に期待です。
えっ?カープCSで負けた?
なんですか?シー・エ・スって?クラ、クラ、クライマックス?
レギュラーシーズン終了から記憶がないんです(笑)
そんな岩本選手の三振とか、石原選手のバント失敗なんて見てませんから!
部下の岩本に「あの球打つべきじゃない」ってメール送ったりしてませんから!
「もっと平常心で」「練習しような」とか言ってませんからね
あーあ、このザワザワした感じなんとかなりませんかねぇ~
こんな写真見せられたらまた応援しちゃいます
来年、来年、 「ん」
放射線室長 丸田

2017年11月20日月曜日

第194回 これと言って・・・

前回投稿した時は、運動をしていたり、嵐ファン(相葉ファン)の話をしたりしました。が、これと言って変わったこともなく・・・

もちろん嵐ファンは健在でライブには行けなくても、DVDで楽しんでいます。
体力の衰えと、腰痛のためフットサルに行くことは無くなりました。ただ、来年は待ちにまったワールドカップイヤー!我が家では熱くなること間違いなし。日本はそれなりに応援しますが、やっぱり海外のスーパープレイは見逃せません。

そろそろ身体を動かさないと、食欲ばかりが増す一方で、着る物に困っています。「娘からはそのままだったら卒業式には来ないで!見苦しい」と言われ・・・見返そうにもなかなか(笑)

まあ、これと言ってたいしたことはありませんが、家族みんな笑顔で楽しく過ごせている事に感謝と幸せを感じながら「今日も一日(仕事)頑張ろう」と思う毎日です。
看護部 森川