2016年11月30日水曜日

第163回 「加賀屋体験談」

リフレッシュ休暇を利用して今年は北陸新幹線開通で賑わいをみせている金沢、能登半島に行ってきました。

能登半島には20代の頃同僚と二人で行ったことがあります。
ツアーを申し込んでいましたが急遽キャンセルとなり慌てて自分たちで宿を探したため、和倉温泉では民宿のような宿がやっととれました。
翌日二人で散歩に出かけ海沿いを歩いていたら海辺に面した素敵な旅館が目に留まりました。加賀屋でした。

「今度来るときは是非、この旅館に泊まりたいね。」

と同僚と話した事を今でも覚えています。

この度、念願叶い「加賀屋とぐる~り能登半島周遊3日間」ツアーに参加しました。
旅行2日目の夕方、お待ちかねの加賀屋に到着です。従業員のお出迎えを受けまずはお部屋に案内されお抹茶と和菓子のおもてなしです。お抹茶をいただくのも久しぶりで心が落ち着きます。一息ついた後、“湯番頭”の解説付きの「館内美術館巡り」に参加しました。
人間国宝の作品、日本刀や輪島塗、九谷焼など石川、能登の伝統工芸が館内の至る所に飾ってあり、旅館なのに美術館では?と思えるくらい美術品の多さに驚きました。中でも一番感動したのは能登渚亭の12階までの吹き抜けの壁を飾る加賀友禅「四季の花」です。

これは梅、桜、藤、牡丹などの花が描かれた加賀友禅を壁画風に貼付け、シースルーエレベーターから眺めることができ見せ方にも趣向を凝らしてありました。

芸術品を堪能した後はお待ちかねのお食事です。部屋食ですがこちらの希望でテーブルと椅子で用意してくださいました。能登の食材をふんだんに使っていてまさに豪華絢爛でした。初めて口にする「干し口子」はなまこ一本から糸の細さくらいしかない卵巣を何本も重ねて陰干しして作られた珍味。まさか頂けるとは思わずビックリしました。他にも加能ガニ、治部煮、能登牛の朴葉焼きなど名産の数々を出していただきどれもおいしかったです。器は輪島塗と九谷焼でした。

食事の後は雪月花歌劇ショーを楽しみ、お風呂にゆったりと浸かり加賀屋での夜はふけていく…。敷布団はエアウィーブで寝心地良くてぐっすり眠れました。翌日は七尾湾が一望できる空中露天風呂に入り雄大な自然を眺めゆったりした気分を満喫しました。朝食の後、出発までの短い時間ですがホテルの近くを散策に出ました。

北陸の気候を思わせる小雨降る寒い朝でしたが玄関先には宿泊客を見送る華やかな着物姿の若女将が記念写真のシャッターを押すなどのもてなしに努めていました。私達もお願いしてシャッターを押してもらい良い想い出となりました。

出発の時間となりバスに乗ると仲居さん達大勢でお見送りをしていただきました。加賀屋で有名なシーンですが実際に体験すると心地良いものです。

幸せなひと時を過ごせたことに感謝します。

プロが選ぶホテル32年連続第一位、確かにそう実感できるホテル加賀屋でした。

食事の写真

食事の写真

検査室 山岡

2016年11月19日土曜日

第162回 「やっぱり犬派」

今回、井戸端会議2回目の投稿となりました。

前回は「我が家のセラピー犬」として愛犬のミミを紹介しましたが、今回もミミちゃんを紹介したいと思います。犬種はパピヨンです。

昨今の猫ブームで猫関連のテレビが放送されて、猫グッズもいろいろ販売されていて犬派としては、ちょっとさびしく感じています。やっぱり犬派でしょう。

我が家のミミちゃんも11月末で10歳をむかえます、人間で言うと56歳になるとのこと。最近では、明らかに目の周りの毛も白いところが増えてきて、「歳をとったなあ」と感じているところです。最近は、ハードなボール遊びは控えていますが、雨の日も元気よく散歩に出かけています。散歩していると季節の変化を肌で感じることができますよ。夏は暑くて、冬は寒くて大変ですが・・・。

最近、何気なくインターネットを見ていると11月1日は「犬の日」と載っていました。 
犬の鳴き声である「ワン(1)ワン(1)ワン(1)」にちなんで社団法人ペットフード協会により1987年に制定された日本の記念日だそうです。だったら猫の日は何日かな?と調べてみると猫の日もしっかりありました。日本の猫の日実行委員会が1987年に制定した記念日で、2月22日でした。猫の日も「にゃん」「にゃん」「にゃん」と日本語の「2」「2」「2」の語呂合わせにちなんだものだそうです。

また、最近知ったのですが、サンリオキャラクターのキティちゃんの誕生日も、11月1日だそうです。

次に「犬の名前ランキング2016」をみると、今年は、スイーツの名前が人気だそうで「チョコ」が1位を獲得、2位は「モモ」、3位は「モカ」。やっぱりミミちゃんはランキング外でした。

男の子は「コウタロウ」と「レオ」が同票1位、3位は「チョコ」だそうです。

また、人気犬種ランキング1位は「プードル」、「トイプードル」で、「パピヨン」は、残念なことに16位。
でも、飼いやすい小型犬人気ランキングには、6位に入っていました。(*^_^*)








看護主任 前原(本館2階病棟)

2016年11月15日火曜日

第161回 「活動量計を使ってみました」

はじめまして。
内科の城戸です。

卒業以来、運動習慣のない生活を続けてきたため、体を動かす必要性を年々感じるようになっていたところ、前から気になっていた活動量計を初めて買ってみましたので、今回はその使用経験をご紹介したいと思います。
活動量計とは、要するに昔の万歩計が少し進化したような代物です。

■早速ですが一か月分の記録を元にしてグラフを作るとこんな感じになりました。


実際の測定項目は

歩数、歩行距離、運動した時間(分)、運動による消費カロリー、安静時も含めた24時間の総消費カロリー、エクササイズ(Ex.)、脂肪燃焼量

の7種類でした。

しかし、この内の移動距離や脂肪燃焼量などは歩数やエクササイズを元にした計算値の様です。なので、実際に役に立ちそうな項目としてグラフで示した3つに絞ってみました。

エクササイズ(Ex.)という項目は分かりにくいかもしれません。
大雑把にいうと、
 運動強度×運動時間
で活動量を表したもので、厚労省が予防医学の一環として推奨する測定方法のため各メーカーもそれに合わせて設計しているようです。 

ちなみに、たいていの機種はメモリが7日間や14日間のものが多いようです。それ以前のデータは上書きされて消えてしまいますが、今回選んだ器械は30日間と余裕があり、データのバックアップを少しぐらい忘れていても安心です。 

さて、グラフを元にして考察をすこし。
■記録がゼロの日(下三角の印)があるのは、朝の出勤時につけ忘れたためです。
途中で気付いた時に、 

「一日分損をした!」

と感じている自分がいました。
誰も損をしているわけではないのに...

ただ器械をつけて過ごすだけ。ついでに、せっかく測ったんだから月に1回か2回はデータを記録しておこう。こんな簡単な動作だけでしたが、いつの間にか運動へのモチベーションができ上がっていたようです。 
「習慣は第二の天性」なんて言った人がいるそうですが、そんな高尚なものではなくて きっと「せっかくスタンプを押してもらったからまたあのお店に行こうかな」くらいのきっかけで変化が得られるようです。

おまけとしてこの日の消費カロリーをみると当然運動はゼロなので、自分の基礎代謝の量を知ることもできました。

■グラフが突出している日が二か所あります(星印の日)。 
どちらも休日に家族で山歩きに行った日でした。 
最初のピークが宮島の弥山(みせん)、(上りは博打尾コース、下りは紅葉谷コース)
二つ目が総社市の鬼ノ城山(きのじょう)でした。(奥坂休憩所~東門~西門~ビジターセンターへ)

弥山(535m)のほうが鬼ノ城山(397m)より高いのに、歩数はわずかに、Ex.の方でははっきりと後者の記録が良いようです。 

おそらくこれは、 現地までJRを利用したので、駅から登山口までの距離で差ができたのが主な原因のようです。
その他に、山道のような状況では運動量をうまく測定できなかった影響もあるのかもしれません。 (取扱説明書にも“階段運動や自転車運動では誤差が大きい”とありました。自転車派に方には活動量計は使えないようですね。)

■最後に、丸印をつけた3日は平均的な日よりも少しだけ歩数が多かった日です。 このうち真ん中の日は平日でした。 思い出してみると、夜の院内研修会の開始まで時間があったので、病院の周りを散歩したのが良かったようです。(すぐ近くに気になるお好み焼き屋さんがあったので今度行こうかな)


ともあれ、この日のように 平日にいかに歩数を延ばすかが今後の課題になりそうです。

長くなりましたが、機種選びの参考になれば幸いです。

え?スマホでいいじゃん、って? 

確かに後で調べてみると、スマホアプリにも便利なものが、色々あるようです。しかしガラケーな私には全くわかりません。 ということで、活動量計の紹介とともに自己紹介とさせていただきました。 

テュリャ テュリャリャ♪

ではまた。

内科医師 城戸

2016年10月29日土曜日

第160回 「お城」

今回は、今年から始めた僕の趣味について書いていきます。

これまでも色々手を出していき趣味を増やしていこうと努力していましたが、なかなか思うように長続きせず休みの日は何をしようかと考えるだけで一日が終わっていました・・・

そんなある日、後輩からある誘いが!!!!!

「お城興味ないですか??」

わざわざ休みの日に見に行くほどでもないかなあ~と、思っていたのですがその日は特に予定も無かったので仕方なく付いていきました。

ここで後輩から、また一つ提案が!!!

「100名城スタンプ押しませんか?日本には偉い人たちが決めた100個のお城があるんです。それを全て制覇したら記念の賞状がもらえるんですよ(笑)」

せっかく行くなら何か目的がないと面白くないと思ったので、提案に乗ることに!!

本を一冊買いました。




記念すべき一つ目のお城はここです。



備中松山城です。
日本で一番高い場所に築城された山城です。こんな高い場所に作るのは大変だっただろうなーと思い関心。その時代の城攻め戦略を考えるとワクワクしてしまいました!!

 

その他、津山城、鬼ノ城と2箇所をまわり1日終了。


 
























100名城北は北海道の根室半島チャシ跡群、南は沖縄の首里城!!
制覇するまで何年かかるのだろう・・・でも案外楽しい!

この趣味、長続きしそうです!


臨床工学技士 佐藤

2016年10月22日土曜日

第159回 「2019年ラグビーワールドカップにむけて」

私自身、高校から社会人なってからも数年間ラグビーをしていた事もあり、今でもラグビーファンの一人です。

2019年に日本でラグビーワールドカップ(以下W杯)が開催されます。
これってすごいことだと思いませんか?

いや、すごいことなのです!!


でも、マイナースポーツなのでこの気持ちが伝わる方は少ないと思います…。
マイナースポーツである理由として、ルールが複雑で分かりにくいからだと言われています。確かに、今何の反則でプレーが止まったのか?理解できない場面が多いと思います。

しかし、日本ではマイナースポーツかもしれませんが、実はラグビーは世界的に見ると非常に人気のあるスポーツで、ラグビーW杯はオリンピック・サッカーW杯に次ぐ、世界三大スポーツイベントとも言われています。

日本のラグビーは、アジアでは敵なしの強さなのですが、W杯ではとにかく勝てず1995年には、攻撃型ラグビーのニュージーランド相手に145-17というW杯史上最多失点で敗れた歴史もあります。

「ありえない~!!まるで大人と子供の試合じゃないか!!」

が、当時の感想で世界との差を痛感し、戦略以前に、体格差とパワーがものを言うスポーツだと実感しました。

しかし最近では、2015年第8回ラグビーW杯イングランド大会で、日本が世界ランキング3位の強豪、南アフリカ代表に歴史的勝利「ラグビー史上最大の番狂わせ」と言われた試合があります。その理由は、日本のこれまでのワールドカップでの成績は通算1勝21敗2分で予選リーグを突破したことすらありませんでした。日本が唯一勝利したのは1991年第2回大会のジンバブエ戦でした。それ以来24年間も勝ったことがありませんでした。

一方の南アフリカは、W杯での優勝が2回、2位が1回で参加した大会は全て予選突破しており、W杯での通算成績は25勝4敗のラグビー大国。
ところがいざ試合をしてみたら、最後の最後に逆転トライで日本が勝利したわけです。

ラグビーというのは相手と実力差があるときには、弱いチームが勝つことがほとんどない、つまりジャイアントキリングが起こりにくいスポーツと言われます。そんな中で、W杯で1勝しかしたことのない国が、W杯を2度制覇した国に勝利したのです。

その勝利の陰には、日本の指揮官エディージョーンズヘッドコーチの存在があります。
世界一過酷と評される練習量で(練習時間は早朝6時から暗くなるまで)、体の小さい日本人に徹底した肉体改造を行い、当たり負けしない体作りをしました。守りでは相手の突破を止める重心の低いタックルを次々と決め、攻めては日本ならではの連続攻撃で打開を図る戦術で、日本は2015年のW杯で3勝もしたのです。惜しくも予選敗退はしたものの、日本は劇的に強くなったのです。

これは2019年の日本大会で応援しない手はありません、細かなルールを知らなくても、

「いけ~ 抜け~ 押せ~」

でいいのです。
ラグビーは球技と格闘技のミックスされたような競技で、守備ではボールを持った選手をタックルし倒してもよい。攻撃ではボールを持った選手は自由に走り、相手にぶつかりながら突進するなど迫力あるプレーが魅力だと思います。

これからの日本チームの活躍が本当に楽しみです。2019年W杯日本大会が成功することを心から祈っています。

看護主任 近藤(本館2階)

2016年10月11日火曜日

第158回 「シンバ」

私の現在の癒しはペットのシンバ(名前は♂のようですが♀)です。
ミニチュアダックスとトイプードルのミックス犬です。

子犬の時のシンバ

忘れもしません、3年前の6月30日のことです。
息子2人と息子の彼女2人が、お風呂でコソコソと何かをやっていました。
ふと、覗いてみると小さな子犬を洗っていました!!

「何しょうるん!?!?!?」

ビックリして思わず叫んでしまいました。


たしか、その前日に熱帯魚を買うためにペットセンターに行き、可愛い子犬を見つけて

「かわいぃ~~!」

と、一目ぼれした子犬がいました。
一緒に行っていた息子達(彼女も一緒)も、

「可愛いな~、可愛いな~!」

とずっと見ていました。

まさか、翌日にその子犬を買って来るとは思ってもいませんでした。

今まで、動物といえばハムスターくらいしか飼ったことがなく、自分の家で犬を飼うことになるとは...、不安でいっぱいでした。

とりあえず次男の部屋で飼うことに決めて、ケージを組み立てたり、餌やおやつをセッティングし、何とか形になりました。

しかし、何もかも初めてのため、しつけの方法もわかりません。
ネットで検索したり、犬を飼っている人に聞いたりして、しつけてはいましたが、「息子が飼ってる犬だから、まぁいいや」と軽く考え、可愛い小物を買ってやっては「可愛い」「可愛い」と楽しんでいました。

飼い始めてから5ヶ月後に次男が結婚して出て行ってしまうとは、思いもせずに...。
長男は小さい頃から動物が苦手で、ハムスターさえ触れないのです。
結局、私1人で世話をすることになってしまいました。


現在のシンバ

1階のリビングにケージを置き、私とシンバの生活が始まりました。
仕事から家に帰ると車のエンジンの音でわかるらしく、家の外にも聞こえるくらい

「早く遊んで~!」

と吠えまくっています。

家に入ると、ケージから飛び出してしまうんじゃないかと思うくらいジャンプして待ってくれていて、出してやると走り回って喜んで、私のあとをついてまわります。その姿がとても可愛く、1日の疲れがふっ飛んでしまいます。

私には、2歳と1歳の孫がいるのですが、もう少し大きくなって一緒に散歩できればいいなと、楽しみしているところです。

医師事務作業補助主任 尾高

2016年10月3日月曜日

第157回 「僕の楽しみ」

誕生日に兄からこんなものが送られてきました。



5歳の甥っ子が描いてくれたメッセージカードです。



そして、これが3歳の姪っ子が描いてくれたメッセージカードです。




二人が一生懸命描いてくれたと思うと、なんだか優しい気持ちになります。


住んでいるところが遠いため、年に数回しか会えません。

会うたびに新しいことを覚えて、成長してくる甥っ子と姪っ子。

夏には一緒に花火をしたり、かき氷を作りましたが、

次は何をして遊ぼうか今から楽しみです。

医事課 髙橋